Syntasticを使うときはzshenvにrbenvの設定を書きましょう

2012-11-08
Syntasticを使うときはzshenvにrbenvの設定を書きましょう

まあ、vimからrbenv経由でrubyを呼び出すときは、Syntastic関係なく、zshenvに書きましょう。

Syntastic

Syntastic という優れものを昨日、知りました。

Image from Github scrooloose/syntastic

いわゆる構文チェッカーです。デフォルトでは保存時にチェックをしてくれるようです。Vimなのに、もう殆どIDEですね。

At the time of this writing, syntax checking plugins exist for applescript, c, coffee, cpp, css, cucumber, cuda, docbk, erlang, eruby, fortran, gentoo_metadata, go, haml, haskell, html, javascript, json, less, lua, matlab, perl, php, puppet, python, rst, ruby, sass/scss, sh, tcl, tex, vala, xhtml, xml, xslt, yaml, zpt

上記の通り、様々な言語に対応しているとのこと。

構文エラーじゃないのに!

あ、もしかして、1.9 styleのHashで怒られてる?

げ、もしかして、俺のVim、.rbenv-localを読んでなかった?

rbenvの設定はzshenvに書かなきゃダメ

ちゃんと書いてありますから、ちゃんと読みましょう。はい、ごめんなさい。

if [ -d ${HOME}/.rbenv  ] ; then
  export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
  eval "$(rbenv init -)"
fi

Zsh note: Modify your ~/.zshenv file instead of ~/.bash_profile. sstephenson/rbenv

ちゃんと通ったみたい。めでたしめでたし。

参考文献

VimからrbenvのRubyが呼び出せない問題が発生してハマった

Vim as your IDE

Vim as your IDE という記事を読んだのですが、Vimでもプラグインを使えばEclipseに負けないほどのIDEになるってのは驚きですね。

確かに、プラグインが充実しているのでVimでもIDEとして使うことができうると思います。

でも私は「VimをIDEとして使う」のではなく「VimはいつでもIDEとして使える」という軽量級なのに重量級な戦いもできるVimがやっぱり好きですねぇ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus

About Me

身近な問題をみつけて、それを解決するためのサービスをつくっている。

SFA(営業支援ソフト)会社のJavaエンジニアだった頃に、新サービス開発の依頼を受けてRubyエンジニアとなる。

P4D デザイナー向けプログラム部デザインビギナーズというデザイン勉強会に参加し、デザインの面白さに触れたりしている。

もっと詳しく