右脳と左脳

2013-11-14

右脳の話は、右脳で聞かなきゃいけない。
これが最近気づいたこと。

「このサービス、使いづらい!」
「直感的じゃないよね!」と感じるのは右脳。

非技術者はこういった表現が多いように思う。

そして、「もっとこうやって使えたらいいのにね!」と機能改善を提案してくるのだが、当たり前のことだけど、技術的な制約は何も考えていない。

それを技術者的な、左脳なインタフェースで受け取ると「こいつ…実装の話をまるで考えてない…話にならねえ…」となり不毛なので、一旦、右脳で受け取る
「ですねえ!」

俺の悪い癖で、機能改善などの話がくると、聞いてる側から頭のなかで実装し始めてしまうこと。
そして、話をしている側は「あれ?聞いてないのか?飲み込みが悪いのか?」と、同じ話を何度もすることになる。

だけど、本当は、機能改善自体には賛成で、その先の「どうやって実装するか」というところまで着てしまっている状態なのである。
大抵、そういう状態になると耳は機能していない。

しばらくして、「…わかる?」とか確認されたタイミングで「あ、ああ、わかりました」などと空返事をする。
これでは「飲み込みの悪いやつ」と思われても仕方がない。

…要領を得ないが、ともかく、相手のインタフェースに合わせるってことが大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus

About Me

身近な問題をみつけて、それを解決するためのサービスをつくっている。

SFA(営業支援ソフト)会社のJavaエンジニアだった頃に、新サービス開発の依頼を受けてRubyエンジニアとなる。

P4D デザイナー向けプログラム部デザインビギナーズというデザイン勉強会に参加し、デザインの面白さに触れたりしている。

もっと詳しく