nuboard x p4d のハッカソンに参加した #nuhack

nuboard x p4d のハッカソンに参加した #nuhack

NUboard使ってますか?
そのNUboardを作っている欧文印刷さんとp4dでハッカソンをやるという話があったのでお邪魔してきました。

誰と何を作ったの

フィヨルドの@machidaさんと一緒に「写真で道案内を作れるサービス:kulku」を作りました。

kulku

一日(実質8hくらい)のハッカソンなので、その日のうちに、ある程度の成果を発表しなければいけません。
私も町田さんもネタ方向に走るタイプでは無いので、実用的なものを作ろうということになりました。

まずはじめにPOEMありき

kulku

私はPDD(ポエム駆動開発)の信奉者なので、開発前にポエムを書きました。
ポエムを書くとペルソナがハッキリするので、やらなくていいことを切り分けるのが楽になるので、オススメです。

現場の様子です

NUboardを使って作業をしている様子

実際にNUboardを使って導線などを検討しながら実装を進めました。
ピクシブさんでは「最近は レッドブルよりミニッツメイドがヤバい、ガッとクルヨ( ⁰⊖⁰)! 」とのことで、たくさん戴きました。美味しかったです!

Google Street View Image API というものがあり、そのパラメータの扱われ方に1hr近く四苦八苦してしまいました。おかげでドメインを取得したり、リリースしたり、みたいな作業をする時間が無くなってしまったのがアレでした。

nuhack x idobata

idobataでnuhack用のroomを用意して、みんなのgithubリポジトリのアクティビティが流れるような運用にしていました。コレのお陰でみんなの動きがわかるし、終盤のpushぶりはスゴいものがありました。

中には、かなり最初の方からデプロイして威嚇するなど、心理戦の様相を呈していたり、とても楽しかったです。

デプロイして威嚇している様子

ハッカソンでもテスト

今回はGoogle Mapを中心に扱うサービスだったので、開発の中心はJavascript( CoffeeScript/Backbone.js )でした。
ハッカソンなので、とにかく時間が無く、テストは書かないケースが多いようですが、今回Railsのコントローラ部分の最低限のテストは書いてから実装をしました。

JSメインだからこそ、RailsのエラーとJSのエラーは素早く切り分ける必要があります。 無駄なハマりをしないためにも、テストって重要だなーと実感しました。

所感

こういう場所で初めて組む相手と一日でサービスを作る経験というのは、得難い経験でした。 町田さんとはずっと何か一緒に作りたいと思っていたので、すごく楽しかったです(私だけ)

もう作っている最中から「町田さん!これチョー便利ですよ!スゴいっす!」とバカみたいなことを喋っていました(だがリリースできなかった)。 手も動くけどクチも動く癖を治したいと思います。

なお、kulkuは8/19を目処にβリリースを予定しています><!

ピクシブさんスゴい

ピクシブ社内でワイワイしている

大きな冷蔵庫にあるフリードリンク(アルコール含む)や仮眠室など、エンジニアに良い環境を提供している会社なんだなあというオーラがスゴく伝わってきました。
ハッカソン当日は土曜日だったにも関わらず、少なくない社員の方が出社しており、趣味の時間を満喫しているのを見るにつけ、社員に愛されている会社だなあと感じました。

歓談

オモシロソウなものがたくさんあったので、ハッカソン終了後はみんなで絵馬を見たり、資料を物色してました。

物色

写真は多少ぼかしています

欧文印刷さんからプレゼント

欧文印刷さんから、参加者の皆さんに、たくさんプレゼント貰いました! 私は-gramPadの他に、バインダータイプの nu board を戴きまして、とても嬉しかったです!!

とても高級感があってオススメです!ゼヒ!

あわせて読みたい

ブログを書こう · Issue #10 · satococoa/p4d-hackathon-3rd

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus