werckerのbundle-installでcloud-not-findとか言われたらbundlerのversionを指定してみよう

2015-03-18
werckerのbundle-installでcloud-not-findとか言われたらbundlerのversionを指定してみよう

最近起きた事例、

  • bundle updatethread_safeのバージョンが上がる
  • werckerのbundle-installstepでCould not find thread_safe-0.3.5 in any of the sourcesと言われる
  • しかしrubygemsには存在している
  • ナニコレコワイ
  • bundle-install ステップにversion: 1.8.5を指定
  • ( ⁰⊖⁰)/)[ 解決 ]/)

wercker.ymlの確認

werckerのbundle-installステップはgithubにある。
https://github.com/wercker/step-bundle-install

最近どうやらversionを指定できるようになったとのこと。
やってみよう。

build:
    steps:
        - bundle-install:
            version: 1.8.5

とりあえずコレで直った。
調べていくうちに「自作box作らなきゃいけないの?」とかいろいろ不安になったので記事にしておくことにした。

ホントにない場合もある

CIが落ちると無意識に治そう!と考えてしまいがちですが、稀に本当にrubygemsに存在しない場合がある。

capistrano-passenger の場合

  • https://rubygems.org/gems/capistrano-passenger
  • 0.0.1, 0.0.2, の次が 0.0.5 だが、手元には 0.0.4 が
  • 単純にバージョンアップするだけで済む場合が多いので最初に疑うとヨサソウ

参考資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus